モンゴルのバター茶,プーアル茶

 中国物産展でモンゴルのバター茶なるものを試飲。飲んでみるとプーアル茶。店主曰く「三杯飲めば脂肪が燃えて体が温まる。モンゴル人は毎日これを飲む。痩せ過ぎ防止にバターを溶かして飲む」との事。

 東農大の小泉武夫先生の著書「発酵食品礼賛」にはモンゴルの古老の言葉「茶一日無くば則ち病む」が紹介されています。とくに微生物発酵茶のプーアル茶は、微生物の発生する酵素が渋味・苦味の原因であるタンニンを分解し、人体内に入ると脂肪を分解するといわれています。

戻る