下痢・軟便の漢方薬

 下痢・軟便は、大便の水分量が増加した状態です。腸の異常運動や、腸内容物の吸水性の上昇などが、下痢・軟便となって現れます。一時的な軟便は、さほど問題にはなりませんが、急性の下痢や慢性に続く軟便・下痢では、治療や養生が必要です。脱水症状にも気を付けなければなりません。

 下痢では様々な状態が見られます。軟らかさや水分量から、泥状・粥状・水様便などと表現され、ときに便中に粘液・膿・血液が混ざることもあります。また、吐き気や腹痛、脱力感を伴うこともあります。

 下痢や軟便を引きおこす原因もざまざまで、不衛生な飲食、不摂生な飲食、腹部の冷え、胃腸虚弱などによるものや神経性の下痢などがあります。

急性の下痢

 急性の下痢は、身体が不必要なものを外へ出そうとする反応で、無理に下痢を止めない方が良い場合があります。原因によって対処します。

 食あたりの場合は殺菌・静菌作用のある黄連(おうれん)や黄柏(おうばく)などの薬草を用います。吐き気を伴う時は半夏(はんげ)や生姜(しょうきょう)を含むものを選びます。処方には黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)などがあります。

 過剰な冷飲食による場合は身体を温め、水分代謝の改善を促す薬草を用います。藿香(かっこう)、蘇葉(そよう)、生姜などがその代表です。冷気で腹部を冷やした場合には、生姜や人参(にんじん)を用います。処方には藿香正気散(かっこうしょうきさん)や人参湯(にんじんとう)などがあります

慢性の下痢・軟便

 胃腸虚弱で、食が細く、やせ気味で、腹痛などはあまりない場合は、人参、山薬(さんやく)、蓮子(れんし)などの滋養薬や、白朮(びゃくじゅつ)、蒼朮(そうじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)などの水分代謝を改善する生薬を用います。処方には参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)や啓脾湯(けいひとう)などがあります。

 体の冷えを感じる場合は、人参、乾姜(かんきょう)、附子(ぶし)、肉桂(にっけい)などの薬草を用います。処方には人参湯や真武湯(しんぶとう)などがあります。

 神経性の下痢や腹痛では、筋肉や神経の緊張をほぐす芍薬(しゃくやく)や、柴胡(さいこ)、枳実(きじつ)、蘇葉などの気の巡りを改善する薬草を用います。処方には桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)や四逆散(しぎゃくさん)などがあります。吐き気を伴い、お腹がゴロゴロいって下痢する時は、半夏瀉心湯や甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)が有効です。

 とくに腹痛には芍薬、出血には黄芩(おうごん)などの薬草を含むものが有効です。

 また、生もの・果物や冷たい飲食物、刺激物などは控えめにして、規則正しい食習慣・生活習慣をこころがけましょう。

※実際に漢方薬を使用する際は、詳しい相談の上,服用下さい。

戻る