早春の代表花“梅”・雛祭りに重要な“桃の花”

早春の代表花“梅”

 立春を過ぎて、暦の上では春。まだまだ寒さの残る時期とはいえ、着実に春はおとずれています。

 早春の花を代表する“梅”。日本人にとっては、無くてはならない存在ですね。梅は中国原産で、薬として日本に伝わったといわれています。未熟な梅の実を薫製にしたものが薬となり、黒色を意味する「烏」の字を付けて“烏梅(うばい)”と呼ばれます。中国語での読みを日本人の耳で聞くと“ウーメイ”と聞こえるため、これがなまって“ウメ”となったと考えられています。

 漢方では、下痢止めの処方や回虫による腹痛時の処方などに使用されることがあります。漢方での使用頻度は低く、むしろ民間薬や健康食品で梅干しや梅肉エキスとして利用されることの方が多いでしょう。

雛祭りに重要な“桃の花”

 もう間もなく“雛祭り”です。女の子の成長を祈る節句ですが、その起源は古く、中国の“上巳(じょうし)の祓(はら)い”という行事にさかのぼります。三月最初の巳(み)の日に、川の水で穢(けが)れを祓うというもので、それが奈良・平安の貴族社会に伝わりました。そして“人形信仰”や“雛遊び”などの風習と結びついて、今日のような形式になったといわれています。

 そして、雛祭りに欠かせないのが“桃の花”です。これはただ単に、雛祭りの時期と桃の花の咲く季節が一致するというだけでなく、桃に込められた呪術的思想が関係しているといわれています。中国では古くから、桃には鬼邪を祓う力があるとされ、桃の果実や種子、そして木材を、特別に用いてきました。様々な伝説にも登場します。日本の昔話「桃太郎」も鬼退治のお話です。上述の通り、雛祭りが元来、穢れを祓う行事であったことを考えると、桃の花は単にお祭りを彩る装飾ではなく、もっと重要な役割を担う存在であることがわかります。

 桃の実を食べていますと、中央に硬い殻が出てきます。その殻を割ってみると、中からアーモンド様の種が現れます。漢方では桃の種を“桃仁(とうにん)”と呼び、血行改善の薬として用います。使用頻度は比較的高く、重要な生薬の一つです。

戻る