東日本大震災によせて

 3月11日,東日本は記録的な大震災に見舞われました。太平洋沿岸は大津波によって壊滅的な被害を受け,多くの尊い命が失われました。ここ宇都宮でも震度6強の揺れを経験し,地区によっては家屋の損壊や亡くなられた方もありました。

 報道で悲惨な状況を見聞きする度に心が痛みました。涙を流された方も多かったのではないでしょうか。また時には久々の救出情報や,復興へ向けて明るく頑張る人々の表情に感動の涙もあったことと思います。

 未だかつて無いこれほどの震災で多くの人が心を傷つけられました。それによって精神の不安定や焦燥感,不眠,動悸などに悩む方もおられます。

 心が傷ついたり,憔悴しているとき,最も力になるのはご家族や側にいる人の温かい心遣いだと思います。その温かい心には及ばないかもしれませんが,漢方的な対処法をご紹介します。

 漢方用語の中に養心安神(ようしんあんじん)という言葉があります。この心(しん)は,五臓六腑の心を意味します。つまりドクドクと全身に血液を送る臓器のことですが,さらに心には神をつかさどる,換言すると精神活動の役割を担っているという考え方があります。緊張するとドキドキしたり,「胸を痛める」「胸を焦がす」といった表現からもご理解いただけると思います。そして何らかの原因で心が不安定となると,感情,思考,意識,判断などが乱れ,不安感や焦燥感,不眠,動悸,健忘などを生じるとされています。このときの治療法の一つが先に述べた養心安神です。心を養い,精神の安寧を目差します。代表的な生薬は,酸棗仁(さんそうにん)というナツメの種子を乾燥させたものです。とくにその種子が大きくなるサネブトナツメの種子を用います。また竜眼肉(りゅうがんにく)という生薬もよく使用されます。竜眼肉はライチに見た目も味も似た果実で,中国では桂円とも呼ばれ,よく食されます。これらの生薬は優しい風味が特徴で,一般に気力や体力を補う生薬と一緒に使用します。逆に刺激の強い薬草や食べ物,嗜好品などは,さらに心を乱す恐れがありますので慎まなければなりません。

 地球の大きな営みが,地球に暮らす小さな生き物にとっては,時に恵みとなり,時に刃となって襲いかかってくる。改めて自然との付き合い方を考えさせられます。被災地の一日も早い復旧・復興を願ってやみません。

戻る